読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトログ

音楽好きサラリーマンによるブログ。最近レコードプレーヤー買ってディグが楽しい。ブログ初心者で拙稿が続きますがよろしくお願いします。twitter:otolog_blog

ブラック・パワー運動に関するドキュメンタリー『ブラックパワー・ミックステープ~アメリカの光と影~』が1/8まで無料公開されています。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51K9xyA4KAL._SX466_.jpg

 

画像出典:amazon

 

 またまた久しぶりの更新になってしまいました。まずはあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。皆様はどのような年末年始を迎えたでしょうか。私は色々なサイトで発表されている2016年の年間ベストを眺めながら、やっぱり2016年ってすごかったんだなーなんて思いながら、まだ聴けていないアルバムをApple Musicなどで聞いたりして過ごしていました。自分の年間ベストについてもいつか書きたいと思っています。

  

 さて、今回は音楽ではなく映画のお話です。明日からお仕事という方は多いと思いますが、次の休日に是非という思いもあり、今回紹介させていただきたいと思います。その映画は1967年から75年にかけてスウェーデン人記者が撮影した”ブラック・パワー運動”に関するドキュメンタリー映画『ブラックパワー・ミックステープ~アメリカの光と影~』です。なぜこのタイミングでの紹介かというと、1/8までなんと無料で閲覧することができるのです!

 

 映画は下記のサイトから見るとこができます。

gyao.yahoo.co.jp

 

 この映画、僕もまだ観ている途中なのですが、2017年を生きて行く上で学ぶべき点が多い映画だと思います。世界的にはブレグジット、トランプ大統領の誕生、ここ日本でも一部の人たちによるレイシズムの高まりや特定秘密保護法、安保条約の成立、沖縄県民への差別的な発言など、率直に言えば非常に不穏な流れができているというのが、ここ数年の政治の動きだと思います。そのような不穏な社会で生きる私たちは、過去の、いや現在でも続く、一部の権力者によって作られた社会の不条理な一面を知っておく必要があると思います。また非常に悲しいことにこのような社会の仕組みの中では憎しみが生まれてしまいます。映画を見て行く中で憎しみが生まれ大きくなって行く過程を観ているようで非常に辛い気持ちになりました。だが、しかしこれは現実に起こり得ること、いや、今この瞬間にもまさに起こっていることなのです。

 

 「無知こそが罪」「知っていながら行動しなかった人は罪を犯した人間と同じ」、どちらも映画中に出てくる言葉ですが、この言葉は真理だと思います。どちらもすごく重く心に残りました。

 

 映画はもともと2011年に公開されたもので、DVDでも発売されています。もし1/8までに見れなかった方はDVDで観ることも可能です。当時の映像を中心に作成された渾身のドキュメンタリー、おすすめです。